あなたなら大丈夫

story_fitter

 

 

story_0601

 

紹介コーディネーターは、あなたに紹介してくれた企業のことを、よくわかっていないかもしれません。

なぜなら、そのコーディネーターは紹介してくれた企業に訪問していないことの方が、圧倒的に多いからです。

具体的に言うと、紹介コーディネーターが、「とりあえず応募してみませんか?」と言ってくることがあります。確かに応募してみるという行為自体は大事です。しかし、紹介コーディネーターの「とりあえず…」という言葉には注意が必要です。紹介コーディネーターがこのように言う理由は、その企業が本当に求めている人物像や書類選考における合格基準を“わかっていません”と言っているようなものだからです。

どうしてわかっていないと言えるのか?

紹介する企業に訪問をして取材をしたりヒアリングをしたりあるいは、社内の雰囲気やどんな人が働いているかといったことを肌で感じることなく、企業から提出された求人票と、あなたが提出した履歴書や職務経歴書、条件面というデータだけを照らし合わせているだけだからです。

だから「とりあえず応募してみませんか?」という言葉になるのです。

 

 

story_0602

 

通常、人材紹介会社は、企業の求人を取扱う企業担当と求職者の担当をする相談担当の二つに分けています。つまり、分業制をとっていることの方が多いのです。しかし、私たちブレイブロードは分業制をとってはいません。一人の「採用フィッター」が一社一社、企業を訪問し、立地はどうか?雰囲気はどうか?どんな人が働いているか?どんな人が上司となるのか?など、さまざまな項目をチェックし、肌で感じていきます。一方であなたの話も同じ採用フィッターがじっくりと伺い、やりたいことだけでなく、やりたくないことまでもを包括して、本当にフィットする、厳選された3社だけをご紹介します。

あなたと出会った一人の採用フィッターは、あなた専属の採用フィッターなのです。

 

 

bana_entry bana_service
bana_kigyo